ペター・ソルベルグ

ぺター・ソルベルグ
(Petter Solberg 1974年11月18日)ノルウェー・アスキム出身

実車で競技デビューは1992年で、その後ラリーデビューしていた
兄のへニングのお下がりのクルマでめきめきと頭角を現し、
1996年にラリーデビューを果たす。

優勝する際、ラリーカーの中で雄叫びのような大きな声をあげて
はしゃぐ姿は有名である。この面がライバルのセバスティアン・
ローブの冷静沈着ぶりとは対照的である。

パフォーマンスとして、ドアやドアを開けた状態でロールゲージに
乗りながら運転する「ハコ乗り」やその状態でドーナツターンを
行う「ハコ乗りドーナツ」がある。

ニックネームはそのパフォーマンスからハリウッド。
また日本では、飛ばす様から全開とも呼ばれる。
ペターが最初に覚えた日本語も「ZENKAI」であると言われている。

既婚。夫人のパニエラはラリー・ドライバーを多数輩出した
ワルフリッドソン家の一員で、自身もグループN車両での
ラリー参戦経験がある。

二人のなれそめも、ラリー会場で知り合った事がきっかけである。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。