WRCのクラス分け

現在WRCは3つのクラスで構成されている。

1. ワールドラリーカー(WRカー)

グループA・クラス8
頂点に位置するクラスで、ここでタイトル争いを行う。

上記されている様に1770mmまで(2005年シーズンからは、
全長 4200mm以上の車両については1800mmまで)

車幅拡大、四輪駆動化、リヤサスペンション形式変更が
認められている。

エンジンには34Φリストリクターの装着が義務付けられている為、
最大出力は220kW(≒300BHP)程だが、最大トルクでは590N・m(≒60kgf・m)以上と、グループB時代を超えてしまっている。

2. ジュニアWRC (JWRC)

グループA・クラス6
1600ccNA FF車をベースに車幅拡大などが施されている。

3. グループN

市販車に安全装備を付けた程度のマシンで戦うクラス。
ベース車本来の能力が試される。

PCWRC(プロダクションカー世界ラリー選手権)もこのクラスの
車両を使って行われる。

* 現在、最高クラスであるグループA・クラス8に、WRカーで
  ない車両で参戦しているワークスチームはない。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。